いまとみ歯科

Menu
住所
旭川市末広東1条8丁目1-11
診療時間
月〜土 9時〜18時 日・祝 休診
Web予約 TEL

審美歯科

今の入れ歯に満足されていますか?

当院では、患者さまのご要望やご希望をしっかりと伺った上で、お口の状態に合ったオーダーメイドの入れ歯をお作りしています。 入れ歯を作ってみようかな・・・と検討されている方、今お使いの入れ歯が合わず痛い、ずれる、噛みにくい、もっと快適にお食事がしたい・・・。そんなお悩みを抱えている方は、ぜひ一度ご相談ください。お一人ひとりのお口にぴったりの入れ歯をご提案いたします。

入れ歯の種類

ご希望に合った最適のご提案をいたします

すべての歯を失った場合は総入れ歯、部分的に歯を失った場合は部分入れ歯となります。また入れ歯には保険適用のもの、適用外(自費)のものがあります。
総入れ歯にも部分入れ歯にも様々な種類があります。使う素材などでかかる費用も違ってきます。
お口の状態を確認したら、患者さまに最適な入れ歯を一緒に選択していきましょう。

  • 食べ物の温度をもっと感じたい
  • 部分入れ歯の金属が気になる
  • しっかりかめる入れ歯がほしい
  • 外れにくい入れ歯がほしい
  • 分厚くない入れ歯がほしい

など…

ご希望にそった入れ歯ございます

いつまでも元気で、笑顔でいるために入れ歯制作作り直しを検討してみませんか?

  • ぴったりの入れ歯は認知症の予防に効果的

    認知症の予防には、脳に刺激をあたえてあげることが大切です。きちんと噛める「歯」があって、食べ物をしっかりと咀嚼できるということは、それだけで認知症の予防に効果があります。
    しっかり噛むためには「歯」が必要ですが、必ずしも「天然の歯」でなくてはいけないというわけではありません。もしあなたに天然の歯がほとんど無くても、義歯を使用してでもしっかり噛むことができれば、認知症になる割合はぐっと減ってきます。

    認知症発症と歯の数・義歯使用との関係
  • ぴったりの入れ歯は寝たきりの予防にも効果的

    別の調査では、残っている天然の歯がとても少なくても、入れ歯を使用していれば、多くの場合自立して日常生活を送る事ができるという結果が出ています。反対に残っている天然の歯が少ない状態で入れ歯を使用していない場合、自立して日常生活を送る事のできる人の割合は70%も下がってしまっています。この調査からも、いつまでも元気で過ごしていただくために、入れ歯をおすすめする理由がお分かりいただけると思います。

    80歳における残存歯と生活の関係

    ある市町村の歯科保険実態調査報告より

    残存本数
    仕事ができる20本以上89.50%
    10~19本79.20%
    0~9本
    義歯有り
    67.80%
    0~9本
    義歯なし
    18.20%
    自立歩行が
    できる
    20本以上100.00%
    10~19本91.70%
    0~9本
    義歯有り
    89.20%
    0~9本
    義歯なし
    45.50%
    日常生活の
    自立ができる
    20本以上94.70%
    10~19本87.50%
    0~9本
    義歯有り
    89.20%
    0~9本
    義歯なし
    18.20%

入れ歯が「合わなくなる」理由とは?

  • 作ってから時間の経った入れ歯には要注意!

    皆様の中には、作ってから時間が経った入れ歯が合わなくなってくるという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。最初はぴったりに作ったはずの入れ歯が「合わなくなる」のには理由があります。

  • 理由1

    歯茎の下にある骨が吸収し、歯茎が痩せるため

    実は、歯を失った部分の歯茎は、歯茎の下にある骨が少しずつ吸収してしまいます。これがいわゆる「歯茎が痩せた」状態です。歯茎が痩せると、当然、歯茎に合わせて作っていた入れ歯は合わなくなってしまいます。これが、入れ歯を作ってから数年もすると、入れ歯と歯ぐきがピッタリ合わなくなってしまう理由の一つです。

  • 理由2

    入れ歯自体がすり減ってしまうため

    入れ歯自体がすり減ってしまうことも、入れ歯が合わなくなる理由の一つです。入れ歯は主にプラスチックなどの素材で作られています。また、食事をするたびに使われ、噛むたびに力が加わっています。加えて唾液の作用などもはたらいていることを考えると、とても過酷な状況に置かれていることがおわかりいただけると思います。そんな過酷な環境で、すり減ったりしてしまうことによって、だんだんと噛みにくくなったりと問題が出てきます。
    自分に合った入れ歯でしっかり噛んで、元気に暮らしていくためにも、「入れ歯が合わなくなってきた」と感じたら、入れ歯の修理やメインテナンス、作りなおしを検討してみましょう。

  • 歯周病治療 - Treatment of periodontal disease -
  • インプラント治療 - Implant treatment -
  • プラセンタ治療 - Placenta therapy -
  • ホワイトエッセンス - white essence -