いまとみ歯科

Menu
住所
旭川市末広東1条8丁目1-11
診療時間
月〜土 9時〜18時 日・祝 休診
Web予約 TEL

インプラント

自分の歯を失っても 自然な見た目と噛み心地を

歯を失ってしまった部分の顎の骨に、人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法がインプラント治療です。
周りの歯を傷つける心配がないうえに、歯根が骨にしっかりと固定されるため自分の歯とほとんど変わらない噛み心地です。審美性に優れ、ご友人との会話も心おきなく楽しむことができます。

インプラントについて

歯を失ったらそのままにしてはいけません

両隣の歯が動いたり、対合歯(噛みあう相手の歯)が伸びたりしてしまうことで、咬み合わせが悪くなってしまう恐れがあります。そうして引き起こされる噛みあわせのズレによって、食べ物をしっかり噛めなくなり胃腸に負担がかかったり、肩こりや頭痛など全身の不調へも繋がってしまうのです。そのような不調を起こさないためにも、歯を失ったときには、インプラントを検討してみてください。

インプラントのメリット
  • 天然の歯と見た目がほぼ変わらない
  • しっかり固定されるのでしっかり噛める
  • 治療のために周りの健康な歯を削る必要がなく、天然の歯を多く残せる
当院ではHAインプラントを使用しています

HAインプラントとは、HA、つまり「ハイドロキシアパタイト」でコーティングされたインプラントです。HAは骨の無機質の大部分を占めています。そのため、インプラントの表面をHAコーティングすると、インプラントと骨の結合が促進されるのです。チタンインプラントなどでは、ミクロレベルではインプラントと骨が完全に結合していないのに対し、HAと骨はカルシウムにより直接骨結合するので、よりしっかりと固定されます。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

歯を失ってしまった時に、歯の機能を補う方法としてよくおこなわれる方法である、インプラント・ブリッジ・入れ歯のメリットやデメリットを比較してみました。

ブリッジ治療との比較

治療について
インプラント外科手術が必要。治療期間が長い。
ブリッジ手術は必要ない。短期間で作成できる。
費用
インプラント自由診療なので治療費は自己負担。※保険適用外
ブリッジ保険適用。
適応症
インプラント顎の骨が十分にあること。
ブリッジ支える歯があること。
審美性
インプラント天然歯(自分の歯)と同じような美しい歯を取り戻すことができる。
ブリッジ保険診療の場合、部位によっては銀歯になる。
周囲の歯への影響
インプラント他の歯への影響はほとんどない。
ブリッジ隣接する2本の歯は健康であっても削る必要がある。
違和感
インプラントほとんどない。
ブリッジ少ない。
噛む力
インプラント天然歯と同程度の咀嚼能力まで回復する。
ブリッジ天然歯に近い咀嚼能力まで回復する。
寿命
インプラント10年(メインテナンスによる)
ブリッジ4~5年
清掃
インプラント丁寧に歯磨きを行う。
ブリッジ歯ブラシと歯間ブラシやデンタルフロスを併用した丁寧な歯磨きを行う。

ブリッジ治療との比較

治療について
インプラント外科手術が必要。治療期間が長い。
入れ歯手術は必要ない。短期間で作成できる。
費用
インプラント自由診療なので治療費は自己負担。※保険適用外
入れ歯保険適用。
適応症
インプラント顎の骨が十分にあること。
入れ歯ほとんどの症例で適用。
審美性
インプラント天然歯(自分の歯)と同じような美しい歯を取り戻すことができる。
入れ歯口を開けると留め金が見える。
周囲の歯への影響
インプラント他の歯への影響はほとんどない。
入れ歯バネをかける歯に負担がかかる。
清掃性が悪くなり支えている歯の健康を損なう可能性がある。
違和感
インプラントほとんどない。
入れ歯生じやすい。
噛む力
インプラント天然歯と同程度の咀嚼能力まで回復する。
入れ歯 咀嚼能力が大きく低下する。
寿命
インプラント10年(メインテナンスによる)
入れ歯2~3年
清掃
インプラント丁寧に歯磨きを行う。
入れ歯食事ごとに清掃が必要。

インプラント治療の費用について

インプラント治療にかかる費用は高い?

インプラント治療は保険外診療のため、治療費は全額自己負担で比較的高額になります。ただ、より自然に美しく歯の機能の回復をすることのできる、優れた治療法であることも確かです。インプラントの費用は金額だけを見ると高いように感じますが、毎日の食事に歯を使うことを考えると、決して高すぎる出費というわけではないということが、実際に、インプラントを使用する年月や食事の回数を想定して計算してみるとわかります。

インプラント治療の費用を40万円とし、
(1本あたり30~50万円の場合が多いため)
55歳でインプラント治療をし、その歯を20年、
75歳まで使用した場合

20年間の食事回数は、1日3回を365日、それを20年なので21,900回。インプラント治療の費用を40万円として計算すると、1回の食事にかかる出費はたった18円です。

〈インプラント治療(40万円)を受け、20年間使用した場合〉
インプラント治療費用(40万円)÷20年間の食事の回数(21,900回)=1回の食事にかかる費用(18円)

効果を考え、長い目で見ると、それほど高い治療ではありません

このように、1回の食事にかかる費用として換算すると、約20円と経済的です。しかもインプラントは、噛みごこちなどの食事の面だけではなく、自然な美しさなども同時に叶えてくれますから、それを含めて費用対効果を考えると、かなりお得な治療とすら言えるのではないでしょうか。

  • 歯周病治療 - Treatment of periodontal disease -
  • インプラント治療 - Implant treatment -
  • プラセンタ治療 - Placenta therapy -
  • ホワイトエッセンス - white essence -